Your Cart

【葡萄×コーヒー】山梨の葡萄産業とコーヒー文化発展への思い NICE GRAPES 大間吉紘

【葡萄×コーヒー】山梨の葡萄産業とコーヒー文化発展への思い NICE GRAPES 大間吉紘

Jun 09, 2022

0 comments

インタビュー企画第三弾「葡萄×コーヒー」

 

仮営業スタートから約2週間になろうとしています。

トレーラー横には仮焙煎所も作っており、その壁には皆さんからの愛溢れるメッセージも。

 

 

日々増えるメッセージや、SNSでの応援。

励みになります。

 

話は逸れましたが、今回も愛ある仲間の魅力を伝える自己満インタビュー企画。

トレスエルマノス大和さん、Kiri Films.きりさん

そして第3弾はNICE GRAPES大間 吉紘さんです。

 

 

the;kokuboの葡萄スイーツのルーツ

 

 

NICE GRAPESよしひろさんは、共通の先輩がいて知り合い、今では定期的に飲みに行く仲です。

 

the;kokuboでは彼の作る葡萄を使ったコラボスイーツをご提供してます。

 

元々運送業をしていて、そこから独立。

前職とは全く違う職業にも関わらず、知識や作り方を努力して向き合い、お客さんを満足させるシャインマスカットを作っていることが、純粋にすごいなーと思いますし、その姿に刺激を貰います。

 

誰に対しても分け隔てなく、自分らしさを出しながら接する事の出来る人です。

 

火災があった日から、毎日のように来て手伝ってくれました。Helpに対して、気持ちよく手を差し伸べてくれる頼り甲斐のある優しい人、それがよしひろさんです。

 

そんな彼へのインタビュー、ぜひ最後まで読んでもらえると嬉しいです。

 

 

自然相手だからこそ思い通りにいかない。でもそこが面白い。

 

 

以下、略
the;kokubo
スタッフ()
NICE GRAPES
大間吉紘さん()

 

 

ス:自己紹介をお願いします!

 

ヨ:NICE GRAPES 大間 吉紘です

 

 

ス:the;kokuboとはどんな関係ですか?

 

ヨ:オープン当初から通っています。

多い時は週に2回最低でも月に2回か3回は行きます。

 

また、販売先でもあり、葡萄の出荷シーズンにスイーツに使ってもらったり、コクボのお店の前で葡萄の直売をやられせてもらっています。

 

ス:常連であり、協力してくれる仲間ですね!

シーズナルスイーツはとても人気です!それもよしひろさんが作る葡萄のクオリティが高い証拠ですね。

 

ス:ちなみに、それだけ通ってくれてるよしひろさんが思う、コーヒーの魅力ってなんですか?

 

ヨ:気分転換に絶対に必要なものだからですね

 

ス:気分転換、大事ですね!

よしひろさんはどんな時に気分転換したいなって思うんですか?

 

ヨ:朝は絶対飲みたくなります。

仕事スタートのスイッチオンみたいなものです。

 

ス:確かに!コーヒー飲むと「よし、やるか!」ってスイッチ入る感じありますよね。

 

ス:よしひろさんは葡萄農家さんですが、今の仕事魅力ってなんですか?

 

ヨ:葡萄作りは、自然相手の仕事なので思い通りにいきません。でもそこが面白い。

本当に美味しい葡萄を多くの人に食べてもらいたいと思い、日々頑張っています。

 

ス:思い通りにいかないけど、面白い。

Mですね。笑

そんなお仕事って巡り合うことなかなかないと思うのですが、葡萄作りをやろうと思ったきっかけはなんだったんですか?

 

ヨ:1番に山梨の葡萄産業をなくしたくなかったからです。(農家の高齢化や担い手不足、ダメになっていく畑、分譲地になって行く畑)を間近で見てきて、強く感じました。

もう一つは、葡萄栽培という仕事が自分にすごく合っていたからです。

 

 

 

ス:間近で見てきたからこそ感じる部分ですね。その想いと、仕事が合うというのは凄いことですね!

 

ス:よしひろさんが自然相手のお仕事で何か気をつけていることはありますか?

 

ヨ:栽培の工程全てに気をつけています。地球温暖化の影響で、毎年違う天候になってきました。

自然相手なので、できることは限られますが葡萄にとってより良い環境作りれるよう努力しています。

畑にいるときは、仕事に追われていたとしても気分はいいですね!

 

ス:仕事に追われてても気分がいいって素敵ですね!

ちなみに、美味しいぶどうを消費者が手に入れるおすすめの方法とかはありますか?

 

ヨ:とにかく山梨に来てもらうのが、1番ベストですね。

スーパーとかで買うときは、枝の色を見て買ってください!(鮮度の悪いものは茶色く枯れたようになっています。)

 

ス:とても参考になります!ありがとうございます!

最後にthe;kokuboの好きなところを教えてください!

 

ヨ:ゆるい雰囲気が好きです!

 

 

 

インタビューを終えて


 

自然相手の仕事って私たちが想像するより大変で、それ以上に魅力ある仕事なんだと感じますね。

 

成長する過程や、自然相手だからこその葛藤、良いものを作りたいというだけでなく、山梨の葡萄産業を無くしたくないという気持ち。多くの強い思いがあるからこそ、よしひろさんの作る葡萄は美味しく、広めたいと思えるんだと思います。

 

これからも葡萄の時期にはNICE GRAPESとのコラボスイーツや直売イベントを行う予定なので、是非楽しみにしていてください!

 

彼のSNSを気になった方はチェックしてみてください!

 

https://instagram.com/nice_grapes2020?igshid=YmMyMTA2M2Y=

 

山梨の葡萄産業、山梨のコーヒー文化。

どちらも無くしたくない、発展させたい。

そんな風に思います。

 

コメントを残す