Your Cart

「タコス×コーヒー」で一発キメる愛とは?トレスエルマノス大和

「タコス×コーヒー」で一発キメる愛とは?トレスエルマノス大和

May 18, 2022

0 comments

インタビュー連載企画第一弾


火災を通じて改めて、愛あるコミュニティを再認識したことから、the;kokuboと、応援してくださる方々の魅力を様々な角度からお伝えする自己満企画をスタートします。

 

 

トレスエルマノ 大和さんの魅力


第1弾は毎月イベントも一緒にやっていた本物のタコスを提供する"トレスエルマノス 大和さん"です。


大和さんと出会った時の第一印象は、初めて会った気がしない。フィーリングがすごく合っている。そんな印象でした。

勿論今でもそれは変わっていなくて、同じパッションやにおいを感じるし、一緒の空間にいて心地いいと思える、そんな人です。

彼と出会うまではタコスってそこまで馴染みのあるものとは思っていなかったけど、今となっては生活の一部に自然となっていて、「そろそろ食べたいな」「最近食べてないな」なんて思えるほどに。

きっとそれは美味しいのはもちろんですが、
食べるだけでパッションを感じたり
カルチャーを創るというビジョン
それを発信する力
そしてお客さんに還元させる気持ち。
全てがタコスに、そして彼に詰まってるからでしょう。

そんな大和さんがthe;kokuboに対して想うこと。
是非インタビューで楽しんでください

 

 

だってタコスは愛だから。





※以下、略
the;kokuboスタッフ(ス)
トレスエルマノス 大和さん(ヤ)

 


ス:まず初めに自己紹介をお願いします。

ヤ: 古屋“YAMITA”大和。社会起業家。
株式会社トレスエルマノス代表取締役。
葭之池七代目清左衛門。筒粥神事占人。

ス:めちゃくちゃ突っ込みたくなる肩書をたくさんもってますね。


【※葭之池七代目とは山梨県富士吉田市に創業安政三年(西暦1856年)から続く葭之池温泉の七代目ということ。】

【※筒粥神事は、流鏑馬で知られる同神社で800年以上続けられているという伝統行事。神事をつかさどる「占人」。稲や大麦、小麦、アワといった作物18種類ごとの豊凶や、富士山を参詣登山する「道者」の数を占う。

 


ス: the;kokuboとの出会いと関係はなんですか?

ヤ:ご近所さんのマッチを通じて紹介されて電話で話して、一瞬で意気投合して、そこからすぐに毎月コラボして行くなかで、愛しかないthe;kokuboクルーのマサトとヒロシくん、さーや姫の魅力にハマってる関係。

 


ス:今回協力してくれること凄く嬉しいです。でも、それは純粋に何でですか?

ヤ: 帰国後間もない俺が全く空気読まず、マサトが創り上げたコミュニティにフルスロットルで突入しても全く引かずに全てを受け入れてくれるマサトやthe;kokuboクルーに救われて来たから。
俺たちラテンの兄弟が俺たちでいられる場所を創ってくれてありがとう!

ス:人類みな、ラテン兄弟ですからね。

 


ス:大和さんの思うコーヒーの魅力ってなんですか?

ヤ: なんと言ってもカフェを一発キメるのは異国情緒なんだよね。そういうエキゾチックな感じがコーヒーの魅力だって思う。
イタリアで仲間とお気に入りのバルにスクーターで横付けして、スパッとエスプレッソを飲んでたから、そういうノリで急に立ち寄ってアホな話してクオリティ高いコーヒーが飲めるthe;kokubo はそういう文化ごとカフェの魅力を伝えられる数少ない場所だなって感じてる。

ス:ありがとうございます。確かに、コーヒーそのものを楽しむはもちろんですが、「文化ごとみんなで愉しむ」みたいな風潮は自分の生活圏や世の中にはいくらあってもいいですよね。

 


ス:the;kokuboの好きなところはどこですか?

ヤ: マサトとの交流、クルーとの会話、そして想像を超えてくる色んな豆の味とスイーツ。そこではみんなが社会的な肩書きを捨ててニュートラルでいられる場所ってところが大好き。

ス:いやー誉めすぎですが感謝です。人にどうみられるか?を常に意識して生きていく人生の中で、あらゆるしがらみを脱いで自分でいられる場所っていうのは個人的にも片手で数えられるほどしかないですよね。そんな場所にできたらって常々思っています。 

 


ス:逆に嫌なところありますか?

ヤ:メキシコペソが使えないところかな?

ス:せっかくなんで再建したら使えるように考えてみます。日本全国のメキシコラバーの知る人ぞ知るペソが使えるコーヒー店。面白いです。笑

 


ス:大和さんの仕事の魅力ってなんですか?

ヤ: 日本ていう情報が閉ざされた国で、どれだけ空気を読まず枠に囚われず、世界やメヒコの一次情報や熱を生き方を通して拡めることに最大の魅力を感じてる。タコス食べに来なよ。だってタコスは愛だから。

ス:いやー、タコスは愛。この一言が大和さんのすべてを物語りますね。この時代に会えたことに感謝です。

 


ス:最後に、大和さんの座右の銘とかありますか?

ヤ: 人生は一瞬の花火。屈服するな一歩前へ、いつかみた夢に暮らすその日まで!
一蓮托生you’ll never walk alone MASATO ! Never forget mate !

 

 

インタビューを終えて


とにかく前を向いて、先を見て、信念を持つだけじゃなくて広める。

本物をつくる。発信する。
簡単じゃないんです。




だからこそ彼の作るタコスや、言葉には共感し、驚き、ファンになる。私達もその1人です。

熱い想いを持った、愛のある仲間がいるってほんとに幸せだと感じさせてくれました。

 


タコス×コーヒー



実は、スモールスタート前にトレスエルマノスthe;kokubo、そして神戸からZEF COFFEE ARTS(21日のみ)のコラボイベントを行おうと思ってます!

5/21(土)と5/22(日)の2日間。

両日ともに10:00~17:00までです。
場所はイトーヨーカドー近くの大戸屋さん横( 西条)

(詳しい住所は、下のグーグルマップをご覧ください。)
コンテナとトレーラーがあるので探してみてください

まだコーヒーを販売は出来ませんがスモールスタート前の"コーヒー振舞いイベント"となります。
タコス買って、コーヒー飲んで。
場所は変われど前のthe;kokuboの雰囲気。いや、それを超える雰囲気を楽しめるのではないでしょうか。

テイクアウトが基本になりますが、コーヒーロス、タコスロスの方々、是非来て下さい。

 

火災から丸1ヶ月。

こんな素敵なイベントが出来ることが幸せですし、ワクワクします!

最高に美味しいタコスとコーヒーを用意してお待ちしております。

詳しくはぜひTwitterやインスタを。

"re;kokubo"もうすぐです。

 

コメントを残す